クレジットカードとキャッシングの違いとは?

クレジットカードとキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか。
クレジットカードとは信用取引によって商品を購入することであり、キャッシングとはお金を借りることによって目的を達成するものです。
そのため、自分がどちらの融資を希望しているかによって選択する必要があるのです。


クレジットカードは現金代わりの決済方法

クレジットカードは商品を買う際に現金の代わりとして決済を行うことができます。
これは、クレジット会社が代行して料金を支払っているからであり、その分のお金は翌月以降に支払っていくことになります。
また、分割支払などを利用することで、数ヶ月お金を溜めなければ買うことが出来なかったものでも、その場ですぐに買うことが出来て大変お得なのです。


キャッシングは現金を借りることができます

キャッシングはクレジットカードと違って現金を借りることができます。
融資を受けることには変わりありませんが、利用目的の自由度でいえばキャッシングの方が幅広いといえるでしょう。
しかし、キャッシングではその代わり審査が厳しくなる傾向にあり、また、世間からのイメージもあまり良くはありません。
そのため、本当に必要な時でなければクレジットカードで済ませておいた方が賢明でしょう。